バストアップのきっかけを握る、胸のときめき

 

恋愛をするとバストアップ作用が得られるという意見があります。この理由は様々ですが、まず第一に女子はときめきを感じると、女性ホルモンが活性化します。女性ホルモンとは文字通り女らしい体つきを作る上で欠かせないものです。思春期の頃から女性ホルモンは活発に分泌されます。

 

思春期以前は女児の体つきが、ホルモンバランスが変わる事で大人の女子としての働きに変化し、分かりやすいところではバストアップが進められます。大人になりますとホルモンバランスが落ち着き、体の成長は止まります。

 

しかし、素敵な片想いの相手が出来たり、ボーイフレンドと甘いデートを愉しめば、一旦は落ち着いていた女性ホルモンが再び活発に分泌されます。

 

ときめきが女性ホルモンの分泌量アップのスイッチであり、両思いだけではなく片思いでも十分バストアップのきっかけとなります。恋する女性はキレイになる、とは昔から言われていますが、バストアップの効果もあり、胸のときめきが大人の女子のコンプレックス改善に役立ちます。

女性ホルモンは大人になってからでも増えます

女性ホルモンのバランスが高水準で安定すると、まだ伸びしろがあった部分の成長が促進されます。特に思春期の頃、勉強や人間関係等で強いストレス状態にあった方は、その伸びしろが多く隠されています。いわゆる豊満なバストを持つ女性は、思春期の頃、ストレスフリーでした。伸び伸びと成長期を過ごせた事が、女性ホルモンの安定供給を促し、自然体のバストアップ作用となりました。

 

大人になってからでも、素敵な男性とデートを楽しむ事で再び女性ホルモンが大量に分泌されるようになれば、思春期の頃に成長し切れなかったポテンシャルが取り戻せますので、20代以上の女子の方も、コンプレックス改善を諦める必要はありません。

 

また女性ホルモンが安定すると精神的な落ち着きが増し、ストレス状態から解放されます。女子を悩ませる不眠症ですが、その原因は女性ホルモンの乱れとも言われており、優しいボーイフレンドができ、精神的に満足感を得る暮らしを送れば、不眠状態も解消されます。"

精神的な落ち着きがホルモンバランスの安定に繋がる

睡眠不足はバストアップの大敵です。バストは日中突然成長するものではありません。深夜遅く、人が睡眠を取っている最中に、その作用は行われます。常にストレスフルでイライラしている女子は不眠症になりやすく、深夜遅くまで起きてしまっている事が多いです。

 

成長ホルモンが分泌される深夜遅く、起きてしまっていると、本来であれば自然に成長するはずだったバストが、大きくなりません。

 

恋愛を満喫する事で女性ホルモンの分泌が上がり、メンタル面が落ち着く事で不眠症の原因であるストレスフルな日々も同時に解消されます。毎日しっかりと睡眠を取る事で、大人の女子もバストアップの作用が自然と得られるようになり、20代以上の方でもブラジャーのサイズが上がったりします。

 

また女性は人から見られている意識が働く事で、無意識的に女性ホルモンを分泌させる本能を持っています。ボーイフレンドという、常に自分を見られる相手が出来る事で、バストアップ作用の鍵を握るホルモンバランスが高くなります。

 

恋をしなくてもバストアップサプリを飲めば、女性ホルモン様作用で育乳効果が期待できますよ!
マシュマロヴィーナスの購入はこちら