バストアップに欠かせない姿勢の改善

 

バストアップにおいてよい姿勢を保つことは重要不可欠です。

 

想像すればわかるように、どれほど美しい上向きのバストであっても猫背でガニ股ならどのような印象を与えるでしょうか。せっかくのバストも台無しです。もちろん見た目だけの問題ではありません。猫背により胸周りの筋肉や脂肪も下にさがっていきます。

 

長年の積み重ねで胸が垂れ下がり形も悪くなるでしょう。上半身の血流が悪くなり、バストのキープにもよくありません。胸が大きいことを気にしている人が猫背になるのは、そのためです。

 

自然と小さくしたいという気持ちの表れだと言えるでしょう。逆に胸を大きくしたいのであれば良いポーズを保つことが欠かせません。

 

理想的なポーズは程よく肩甲骨を開き、頭を上に引っ張るような態勢です。手は体に自然にそわせるようにします。肩甲骨を開くだけでバストアップの効果があります。バストを美しく大きく見せることができるでしょう。

バストアップのプロが行っていること

あるバストアップのプログラムには肩甲骨を十分に開くストレッチが含まれます。肩甲骨を開くことで、美しいポーズを保つことができるからです。多くの人は長時間美しいポーズを保つことができません。

 

とくに最近はスマートフォンでゲームやソーシャルメディアを悪い態勢で見る人が増えています。

 

多くの人は頭を前に突き出し、背中が丸くなっているでしょう。背中が丸くなることで、実際よりもバストが小さく見えることもあります。

 

猫背で端末を見ることは、目に悪いだけでなく肩こりを引き起こし、バストアップ中には絶対避けたい行為です。バストアップのプロは、上半身の筋肉を伸ばすようにストレッチを行います。

 

肩回りを柔らかくすることで、美しい立ち姿をキープできます。美しい立ち姿が崩れてくる原因は、腹筋が鍛えられていないことです。日ごろから上半身を鍛えることで、時間がたっても崩れない美しい立ち姿をキープできるでしょう。

モデルがやってる姿勢改善の方法

 

 

どのようにすれば改善することができるでしょうか。

 

ストレッチや運動も助けになるにちがいありません。

 

一つの方法は生活の中にストレッチを取り入れることです。

 

たとえばあるモデルは、本を読むときもくつろぐときも絶対に楽なポーズをとりません。疲れていても、ゴロゴロと床に横になることもありません。

 

常に良いポーズで頭の位置もキープしています。これだけでも十分なバストアップ効果があります。上半身が鍛えられていることでバストをキープできるからです。もちろん簡単なことではありません。定着するまではすぐに崩れることもあるでしょう。

 

しかし毎日の心がけだけで、それ以外に運動をする必要がありません。運動をしても普段の生活でのポーズが悪いと、運動の効果も薄れるでしょう。上半身が鍛えられていないと、つい腕組みをしてしまいます。胸の前や背中で腕組みをすることは、見た目もよくありません。日ごろの習慣を改善することがバストアップにつながります。